21世紀の自然環境を守り、資源を有効活用する為に当社は、木材(建築廃材・天然木等)の各種処理を炭窯リサイクル施設を導入する事で、木材を焼却ではなく炭化することにより二酸化炭素の発生を抑制させて処理します。さらに処理された“炭”は二酸化炭素を吸収すると共に、各分野へ再利用の期待が持てます。
 
 
 
  炭焼き窯リサイクルユニット
   
  日産能力:4.272t/日
  平成18年10月30日設置
 
 
木材をそのまま焼却すると、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出しますが、炭化処理をする事で二酸化炭素の発生を抑制します。また、炭化処理をする事によって出来た木炭は二酸化炭素を吸収する力がある為、環境にやさしく、また各分野へ製品としての再利用も期待できます。
 
 
 
木炭には樹木の細胞がそのまま空間になった“多孔質”と呼ばれる目では見えない小さな穴が無数にあり、この穴が木炭の持つ様々な効果の秘密となっています。
 
松かさ等も炭になります
 
燃料
炭は古くから燃料として使用されていましたが、燃える時に有毒なガスを出さない為、地球に優しい燃料として見直されています。
土壌の改良
土の透水・保水性を高め土壌に有効な微生物を増やすと共に、病害虫の発生を抑え、根張りのよい土壌を作ります。また、農薬や土壌改良剤による濃度障害を和らげ、ミネラルの補給効果も有りますので、土や作物の活力を高め品質が向上します。
水質の浄化
生活排水や工業用水など、様々な原因から河川などの水質が悪化している現在、炭を利用した自然に優しい水質改善が話題になっています。炭を水の中に入れておけば、浄化・吸着作用により水質を改善する事が出来ます。また、水中にミネラルが溶け込みミネラルウォーターにもなります。
調湿効果
湿度が高ければ湿気を吸着し、乾燥しすぎるとその水分を放出するという効力があります。家を建てる時に利用され、結露や腐朽を防ぐ事が出来ます。
・夏はジメジメとした湿気と取って涼しく、冬は暖房や湯気などから発生する結露を防ぎ、保湿効果も高いので暖かい。
・床下の湿度を下げる事で、シロアリ・ダニなどの害虫を発生しにくくする。
・家の土台や床板の結露を防ぎ、木の腐食をも防ぎます。
・空気中の汚れの成分や有害な不純物を吸着・分解してくれるので、シックハウス対策にもなります。
・マイナスイオンでリラックス出来る家になります。
マイナスイオン効果
マイナスイオンを発生し、気分を穏やかにする鎮静作用があります。このため「森林浴をしているような爽やかさで眠れる」と言われ、枕やベッド、室内のインテリアとして、ホテルの客室等で使われています。
・遠赤外線効果で肩・首筋などの血行を促進するので肩こりなどが和らぐ効果があります。
・寝汗を吸い取ってくれる除湿効果があるので、快適に眠れます。
・脱臭効果により、布団についた汗の臭いを分解してくれます。
・マイナスイオン効果で心身がリラックスし、熟睡しやすくなります。
脱臭効果
炭の持つ吸着効果が、様々な臭いを吸収します。冷蔵庫の中などの色々な臭いを吸着・分解・浄化し、野菜や果物が出すエチレンガスも吸着してくれるので、熟成を遅め鮮度を保つ事が出来ます。また、物置や下駄箱などにも有効です。